車のバッテリー上がりの原因について

車のバッテリー上がりの原因について

車のバッテリーが上がってしまったら?

お問合せ

ご依頼・お見積りはは下記電話番号よりお願いいたします。
トラブルクイック24:050-2018-7138
お見積もりは無料で専門のオペレーターが丁寧に対応いたします。

 

バッテリー上がり対応の料金

  • ご依頼時間による「基本料金」は8,800円〜13,200円
  • 作業内容による「別途料金」が約2,200円〜

バッテリー上がり対応のお値段(税込み)は
上記の「基本料金+別途料金」の合計となります。

 

詳しくは 24時間全他国対応のレッカー・ロードサービス よりお願いします。

 

 

バッテリー上がりの原因と対処法

バッテリーが上がるとは?

車はエンジンを動かすガソリンの他、
エアコンやライトを動かすための電気も必要です。
車はそれらに使う電気をエンジンをかけて運転している間に
バッテリーに充電してためています。
また、エンジンをかけるときにも電気を必要としているため、
バッテリーに電気が溜まっていないとエンジンをかけることすらできなくなってしまいます。
車を動かさない間にライトをつけっぱなしにしたりして、
バッテリーに電気が溜まっていない状態のことを「バッテリーが上がった」と言います。
車のバッテリー上がりの原因について

 

原因としては、エンジンを動かしていない期間が長い、
エンジンを動かさずに電気を消費するなどがあります。
ですが、エンジンをかけたままでもバッテリーが上がることがあるのです。
環境に優しいといわれ、一般車にも広く普及しているアイドリング機能ですが、
このアイドリング中に充電される電気量は運転時より少ないため
長時間渋滞などでアイドリング状態のままエアコンなどを使用していると
バッテリーが上がってしまうことがあるのでお気を付けください。

 

バッテリー上がりの確認

バッテリーが上がっているかの確認はエンジンを始動させてみることでわかります。
エンジンをかけてみても始動しない場合はバッテリーが上がっていることが多いです。
その後、ライトやエアコンなどを動かしてみて動かないようでしたらバッテリーに問題が、
動く場合は他の原因があることがわかります。

 

バッテリーが上がってしまったら?

ブースターケーブルという専用のケーブルを使い、他の自動車のエンジンと繋ぐことで、
電気を一時的に分けてもらうことでバッテリーの上がってしまったエンジンを
動かすことができます。
これはジャンピングスタートと言われる方法で、不意のバッテリー上がりに備えて
ブースターケーブルを備え付けておくと安心ですね。
なお、バッテリー自体の寿命などによって、
エンジンを止めるとまた動かなくなることもあるので注意が必要です。
車のバッテリー上がりの原因について

 

バッテリーの繋ぎ方
  1. ブースターケーブル本体の破損がないかをチェックする
  2. 車両同士を近づけ、ボンネットを開けてエンジンを停止させる
  3. ブースターケーブルを繋げる
  4. バッテリーの上がった車のプラス→救援車のプラス

    →救援車のマイナス→上がった車のマイナス(端子ではなくエンジンの金属部分)
    の順でケーブルを繋げる

  5. 繋がったらのを確認したら救援車のエンジンをかける
  6. サイドブレーキがかかっているのを確認してから救援車のアクセルを踏む
  7. バッテリーの上がった車のスターターを回しエンジンをかける
  8. ケーブルをつないだ時と逆の順番で取り外す

車のバッテリー上がりの原因について

 

 

また、自動車店などで、ジャンプスターターと呼ばれる道具や、
カーバッテリー用の充電器を購入しておくことで対応もできます。
車のバッテリー上がりの原因について

 

これらはあくまで応急処置なので
安全な場所に移動したら自動整備工場や専門家に見てもらいましょう。

 

トップページへ戻る

このサイトはマルチ救急24株式会社 正規代理店『トラブルクイック24』が運営しています。

関連ページ

レッカー・ロードサービスとJAFについて
旅行先の高速道路で自動車が事故にあった、突然故障したときなどお世話になるレッカー・ロードサービス。JAFとの関係などについても説明します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP レッカー・ロードサービス 住宅ガラス交換 自動車のガラス交換 ハウスクリーニング 特殊清掃 お問合せ