2019年究極精錬期間

2019年究極精錬期間

2019年究極精錬可能期間

以前、究極精錬チケットGetキャンペーン2019でエントリーしたチケットが
2019年2月19日配布予定です。
これを使用するためのNPC「放浪の鍛冶師レイヴン」がイズルード(139,130)に設置されます

 

精錬可能期間

2019年2月19日(火)定期メンテ後〜2019年3月26日(火)定期メンテ開始

 

どう使うの?

サポートからのお知らせにエントリーした枚数分のIDが書かれたお便りが届くので
チケットの使用からIDを入力し、イズルードのギムレットから「[2019年]究極精錬チケットの箱」
を受け取ります。

  • 『[2019年]究極精錬チケットの箱』を、倉庫(ワールド倉庫を含む)や

    取引、露店、地面へのドロップなどによって他キャラクターへ移動することはできません。

  • 『[2019年]究極精錬チケットの箱』を開封することで、

    「究極精錬チケット」を入手することができます。
    「究極精錬チケット」をメイン・サブ倉庫に入れることはできますが、
    取引や露店、地面へのドロップなどによって他キャラクターへ移動することはできません。

  • 「究極精錬チケット」は、専用の精錬NPCで使用できます。専用の精錬NPCは、

    2019年2月19日(火)定期メンテ終了後〜2019年3月26日(火)定期メンテ開始までの間、
    ゲーム内に出現いたします。

  • 専用の精錬NPC設置期間終了後、

    「究極精錬チケット」を使用することはできません。
    また、設置期間終了後に『[2019年]究極精錬チケットの箱』を開けた場合、
    何も出現しません。

  • 「究極精錬チケット」は、入手してから1,008時間後に自動的に消滅します。

    なお、メイン・サブ倉庫に入れていた場合、
    メイン・サブ倉庫から取り出した時点で消滅します。

 

 

チケットを所持した状態で「放浪の鍛冶師レイブン」に話すことで特殊な精錬を行えます。

 

  • 「究極精錬チケット」を使用すると、

    「濃縮オリデオコン」および「濃縮エルニウム」と同等の確率で精錬を行うことが可能です。

  • 「究極精錬チケット」の精錬では費用や材料は必要ありません。

    すべての精錬値の装備でご使用いただけます。

  • 「究極精錬チケット」を使用して精錬した場合、

    精錬に失敗しても装備品は消滅せず、精錬値が下がることはありません。

 

 

注意点は、精錬可能期間と
ID入力したあとはアカウント間の移動が不可能ということでしょうか
代行精錬の際にも注意が必要ですね
連続失敗しても折れない心が大事です

 

クジパッケ情報に戻る

 

関連ページ

ラグ缶2019 March
ラグ缶2019 Marchのラインナップや新アイテム
究極精錬チケットGetキャンペーン2019
究極精錬チケットGetキャンペーン2019について
ラグ缶2019 February
ラグ缶2019 Februaryの新アイテムやラインナップ
年末年始スペシャルラグ缶'18-'19
年末年始スペシャルラグ缶'18-'19の期間やラインナップについて
ラグ缶2019 January
ラグ缶2019 Januaryの追加アイテムやラインナップについて
ラグ缶2018 16thAnniversary
ラグ缶2018 16thAnniversaryのラインナップや追加アイテムなど
16thアニバーサリーパッケージ
16thアニバパッケの情報だよ
アニバーサリーリツイートキャンペーン
アニバーサリーリツイートキャンペーン
ラグ缶2018 November
ラグ缶2018 Novemberの追加アイテムやラインナップ
ドリームラグ缶2018 Autumn
ドリームラグ缶2018 Autumnのラインナップ情報だよ
ラグ缶2018 October
ラグ缶2018 Octoberのラインナップや新アイテムについて書きます
WebMoney20周年&コンテスト協賛記念
WebMoney20周年&コンテスト協賛記念 超豪華キャンペーンの情報だよ
ラグ缶2018 September
ラグ缶2018 Septemberのラインナップと新アイテムについて書くよ
ラグ缶2018 August
ラグ缶2018 Augustの追加装備について話すよ
15thアニバーサリーパッケージ
15thアニバーサリーパッケージのアイテム説明
サマーパッケージ2018
サマーパッケージ2018の装備について解説するよ
ラグ缶2018 July
ラグ缶2018 Julyの新規追加アイテムだよ
RJC2013メモリアルパッケージ
RJC2013メモリアルパッケージについて書くよ

ホーム RSS購読 サイトマップ